ビーズアクセサリーのクラフト館

ビーズアクセサリー

母の日にプレゼントするっていつごろ生れたんでしょうか?

母の日のプレゼント 「母の日」の起源ははるかむかしのまたむかし、ギリシャ時代です。
「母の日」に母親に感謝し、お祝いする行事の誕生はいろいろな説があるようですが、はるかむかしむかしの古代ギリシャ時代だそうです。想像もつかないはるか昔の”神々の母”をたたえる春祭りが発祥といわれ、現在のように母親に感謝し、お祝いする行事になったのは20世紀になってからです。
今日の「母の日」の行事となったきっかけは、1905年5月9日にアメリカ・フィラデルフィアでアンナ・ジャービスさんのお母さんが亡くなったことから始まります。
やがてアンナ・ジャービスさんは、苦労して育ててくれた亡き母を偲び、追悼したいという強い想いから1908年5月10日にフィラデルフィアの協会で、生前大好きだった白いカーネーションを母親の霊前にたくさんたむけたそうです。協会の参列者はこの感動シーンを目撃し、そのことが話題とにならないはずはありません。1911年頃にはこの行事がなんと全米に広がり、アメリカのウィルソン大統領が1914年に、5月の第2日曜日を「母に感謝の気持を捧げる休日」として「母の日」を制定したのです。
ちなみに「父の日」は1972年(昭和47年)になって、アメリカでは国民の祝日となりました。『父親を尊敬し、称え祝う日』ということで、それが『父の日』なのです。


日本は1947年に「母の日」が制定されました。
日本にこの「母の日」の行事が持ち込まれたのは明治時代の末期だそうです。大正時代に協会でお祝いが初めて行われるとやがて一般にも広がりを見せ、昭和時代に入ると、3月6日の皇后誕生日が「母の日」とされていました。
現在のようになったのは1947年、公式に5月の第2日曜日が「母の日」と制定されました。その陰には当然のことながら業界の思惑、提唱があり、次第に母親に「真実の愛」「愛情」「情熱」の花言葉を持つ赤いカーネーションを贈るというスタイルになってきたのです


お母さんが欲しいプレゼントは贈り側とは少々異なります。
カーネーション=母の日という定番も崩れてきています。「母の日」に贈る人気プレゼントランキングを見ると、
花束、衣類、鉢植え、アクセサリ、現金の順ですが多岐にわたっていますし、プレゼントをいただく側の母親の希望はというと、
旅行、花束、アクセサリだそうですよ。


母の日プレゼントのご予算はというと
1位:4000円〜6000円程度
2位:3000円〜4000円程度
3位:6000円〜10000円程度



法律に基づく通販表記 ご注文方法 お支払方法 返品・交換 お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて ホームトップ
Copyright (C) 2004 Artspace Corporation. All Rights Reserved.
天然石ビーズ誕生石携帯ストラップ誕生石ピアスのオンラインショップ
株式会社アートスペース クラフト館